ここまで変わる! 変身事例

  • ケース1
    キツく見られる

  • ケース2
    ナメられたくない!

  • ケース3
    "似合いすぎ"て
    怖く見える?

  • ケース4
    カジュアルな服が
    似合わなくなった

  • ケース5
    パーソナルカラーが
    変わった?

ケース1:キツく見られる

  • S.Nさん(25歳、学生)
  • パーソナルカラー:ブライトサマー(1st)、ブライトスプリング(2nd)
  • お悩み:キツく見られてしまうこと
Before
After

つり目がちなのと、ハッキリした性格のせいか、キツく見られがちなのがお悩みというSさん。

パーソナルカラー診断をしてみると、サマーやスプリングの中でも明るい色がお似合いでした。でも、普段着ていたものは、オータムの渋い色が多かったようです。

Sさんはサマーとスプリングのほぼ中間なのですが、まだ学生さんでカジュアルな服が多いことと、歳を重ねるとスプリングは似合いにくくなることも考えられるので、いまは若々しさを重視してスプリング系のコーディネートをオススメしました。色を変えるだけでグッと印象が変わり、キツイどころか癒し系に♪

また、Sさんの場合は少しアゴが上がり気味というクセがあり、これも印象に影響していました。アゴの角度というのはけっこう重要で、アゴが上がっていると、そんなつもりはなくても尊大に見えてしまいます。

クセはなかなか簡単には直せませんが、写真を撮るときだけでも気をつけると良いですね。アフター写真を見てみると、小顔効果も抜群♪

Sさんも、「これからは普段も気をつけてみます〜」とのこと。ちょっとしたことで人の印象って変わってしまうので、ぜひ続けてほしいと思います。

この日のメイクはとっても気に入ってくださったようで、レッスン中も驚きながら鏡を見てらっしゃいましたが、ご自宅に帰ってからも、「メイクを落とす前にまじまじと鏡を見てしまいました」と、うれしいご報告を頂きました♪


お客さまの声

どうしても地味な色や暗い色を選びがちだった私ですが、診断とショッピングを通して、自分では今まで絶対に手に取らなかったよなぁ、っていう色やスタイルが、実は自分にちゃんと似合うんだ、ってことがわかって、服を選ぶときの楽しみが増えました。

実際、診断後に買ったアイテム(写真のマフラー)は大学の友人にとっても好評でした♪

色や形を選ぶ基準が、なぜ似合うのか、似合わないのか、といった理由から、理論的にわかるようになったのが嬉しいです。

また、一番似合う系統だけじゃなくて、ちゃんと自分に似合っている範囲で可愛く見せたりカッコ良く見せたりする方法を教えてもらえるところも、すごく良いなと思いました。

これからは、パーソナルカラーの服やメイクで、オシャレを楽しみたいと思います(*^^*)


▼Sさんが利用されたコースはこちら
ベーシックコース:実践!"なりたい私"を叶える【イメージアップレッスン+ショッピングレッスン】

ケース2:ナメられたくない!

  • E.Nさん(27歳、会社員)
  • パーソナルカラー:ディープウインター
  • お悩み:ナメられやすい
Before
After

「どんな風になりたいですか?」とお聞きしたら、「ナメられたくないんです」と仰るEさん。

ユニークなお答えだな〜と思ったのですが、変身事例に掲載してから、「私もナメられたくないんです」「共感しました」というお客さまがけっこういらっしゃいます。案外、悩まれている方が多いんですね。

考えてみれば、20代〜30代前半くらいの働く女性の場合、仕事がデキても、見た目が若いせいで軽く見られてしまうことは少なくありません。よく言えば親しみやすいとも言えますが、仕事では不利になることもあるでしょう。

パーソナルカラー診断をしてみると、Eさんは深いクールな色がお似合いでした。なりたいイメージにピッタリの色が、一番似合うタイプだったのです。

似合う素地があっても、それを知らなければ全然ちがう印象を与えてしまう。パーソナルカラー&スタイルの不思議なところです。

パーソナルカラー診断とパーソナルスタイル診断(骨格診断・ライン分析)の結果を併せて、キリッとイイ女風のメイクで変身したのが、上のアフター写真。これならナメられることもないですよね♪


お客さまの声

今日のメイク、いつもと全然違ってびっくりしました。素敵な提案ありがとうございました。ダンナさんにも、今日のメイク大人っぽくて良いねと言われました。いつも子どもっぽいとからかわれるので、調子に乗ってしまいそうです(笑)。

(オンラインフォローレッスンでお送りした似合う色のコーディネートサンプルを見て)
同じ色でもこんなに雰囲気が変わるのは不思議ですね。深みのある色なので、幅をどうやって拡げるんだろうって思いましたが、写真を見て、何だか楽しみになってきました。

色で悩まなくて良くなった分、短い時間でも満足に買い物出来るので、買い物の時間がほとんど取れなくても楽しめそうです。


▼Eさんが利用されたコースはこちら
ベーシックコース:実践!"なりたい私"を叶える【イメージアップレッスン+ショッピングレッスン】
フォローコース:オンライン・フォローレッスン

ケース3:"似合いすぎ"て怖く見える?

  • K.Gさん(25歳、会社員)
  • パーソナルカラー:ビビッドウインター
  • お悩み:ウインターの色が似合っているはずなのに、「怖い」と言われてしまうことがある
Before
After

パーソナルカラーのことは知っていて、「自分ではウインターだと思う」と仰るKさん。自己診断が合っているか確認したくて、いらっしゃったそうです。

ウインターといえば、クールでカッコイイイメージですが、カッコイイを通り越して(?)、怖いと思われてしまう場合もあるのがお悩みとのこと。「性格がハッキリしているので、ウインターの色を着るとキツすぎるのでは?」と自己分析していました。

気になるパーソナルカラー診断の結果は、やはりウインター。でも、ウインターの中でも特に鮮やかな色が似合うタイプでした。ウインターの色の中でもダークな色はニガテなので、そうした色を着ているときに「怖い」「キツイ」印象になっていたのではと思います。性格のせいではありません(笑)。

このように、ウインターの色の中でも、似合わない色の特徴がハッキリわかるのが、16タイプ診断の強みです。

また、Kさんが"なりたい私"のキーワードは、「清楚」「エレガント」「大人の女性」。ウインターよりサマーのほうが得意なテイストです。

とはいえ、同じブルーベースですから、似合う範囲の色を使って上手にコーディネートすれば、実現はそれほど難しくありません。さらに、パーソナルスタイル診断の結果をふまえて、似合うデザインのものを選べば、違和感はほとんどありません。


お客さまの声

パーソナルカラー、診断していただきました★顔にあてて似合う色(画像)は予想通りだったのですが、そのあと実際買い物に繰り出してからお勧めしていただいたものがぴったり似合って感激!しかも、どれも普段の私では絶対に手に取らないものばかり!

「こんな色が私には合うのかー!」とすごく勉強になりました。これから服のバリエーションが増えそう★それから、化粧品の色も見ていただいたのですが、今まで自分に似合う色をかなり誤解していたことが判明。教えていただいて本当によかったー><

アクセサリーについても、どんな形・長さ・色がいいのか、実際にあわせながら教えていただきました。自分に似合う色について、その根底にある考え方から教えていただくことができたので、沢山の選択肢があるなかから自分に似合いそうな色の系統を探すことも今後は苦ではなくなるかも!?

まさに今日の午前、ジェルネイルのカラーグラデーションで沢山のサンプルを渡されて迷いに迷った挙句、とてつもなく似合わない色を頼んでしまい、仕上がりにものすごーーーーーーく落ち込んでいたのですが、この色がなぜ私には似合わないのか、似合う色はどんな色だったのかが今ならわかります。

(ご本人の了承を得てTwitterでつぶやいた内容を転載しています)


▼Kさんが利用されたコースはこちら
ベーシックコース:実践!"なりたい私"を叶える【イメージアップレッスン+ショッピングレッスン】

ケース4:カジュアルな服が似合わなくなった

  • Y.Tさん(34歳、事務)
  • パーソナルカラー:クールサマー
  • お悩み:今まで着ていたカジュアルな服が似合わなくなった
Before
After

「今まで着ていたカジュアルな服が似合わなくなった」とお悩みのYさん。変身事例を見て来てくださいました。

パーソナルカラー診断の結果はサマー。濁りのない色であれば、淡めの色から鮮やかな色まで、幅広くお似合いになるタイプでした。当日もサマーの色で上手にコーディネートされていましたが、黒やグレーなど地味な色を選んでしまいがちとのこと。ショッピングレッスンでは、淡い色から鮮やかな色まで似合うということを、実際に着て試していただきました。

淡い色で優しげに、鮮やかな色で華やかに。色を変えるだけで、いろいろな"なりたい私"を表現することができるのがわかると思います。

パーソナルスタイル診断の結果としては、やはりカジュアルダウンしすぎるのはニガテなタイプ。キレイめカジュアルをご提案したところ、「自分にこんな服が似合うとは思わなかった〜…」と、初めて見るご自身の姿にかなり驚かれていました♪


▼Yさんが利用されたコースはこちら
ベーシックコース:実践!あなたのベストファッションスタイルがわかる
【パーソナルカラー&スタイル診断+ショッピングレッスン】

ケース5:パーソナルカラーが変わった?

  • Y.Wさん(30歳、会社員)
  • パーソナルカラー:ビビッドウインター
  • お悩み:昔、イエローベースだと診断されたけど、似合っているかわからない
Before
After

学生の頃(10年くらい前)にパーソナルカラー診断を受けたことがあり、「スプリング」と「オータム」、イエローベースの色ならどちらでも似合うと診断されたというYさん。

とても暖かく素朴な雰囲気なので、つい「オータム」と言いたくなる方なのですが、肌はイエローベースとブルーベースの中間くらい。でも、髪や瞳のブラックの印象が強く、ベージュやブラウンを合わせるとなんだか垢抜けません。黒をベースにメリハリのあるコーディネートにすると途端にスッキリ、オシャレに見えました。

というわけで、パーソナルカラー診断の結果は、ビビッドウインター。

仕事がら年上の男性と接することが多いので、もっと強さを出したいとのことでしたが、黒やダークネイビーのスーツに、ウインターの鮮やかな色を合わせていただくだけでかなり印象が変わるはず。

そのほかのアドバイスとしては、無表情のときに口角が下がってしまうのと、姿勢が少し悪かったので、これを改善する簡単なエクササイズなどをお伝えしました。試着写真ではとても綺麗な立ち姿になっていますよね。

このように、パーソナルカラー&スタイル診断だけでは終わらない、トータルでのイメージアップをお手伝いするのがKIRARIOの強みです。

ちなみに、以前の診断結果が合っていたか間違っていたかはわかりません。特に20代前半は、似合わない色やデザインでも若さでカバーできてしまうことが多いからです。Yさんは肌荒れのお悩みもあったそうなので、それを克服したことで肌の色が変化した可能性もあります。日本の業界ではまだまだ誤解している方も多いのですが、パーソナルカラーは変わることがあります。

昔は似合っていた色が似合わなくなった気がしたら、ぜひ再診断を受けることをオススメいたします。


▼Yさんが利用されたコースはこちら
ベーシックコース:実践!あなたのベストファッションスタイルがわかる
【パーソナルカラー&スタイル診断+ショッピングレッスン】